忍者ブログ

天気の良い三連休でした!

9日から軽井沢の方に行っていたのですが、
心配していた天候は思った以上に良かったです。
皆さんはこの連休、どう過ごされましたか?

私は10日午前中から、再びのロングコース+ランチ♪
もう、ガンガン走ってガンガン食べるぞ~! と意気込んでいきました。

カイロを貼り、何枚も重ね着をして、防寒対策はバッチリでしたので、
日差しが出て意外とポカポカ暖かかったことに、ちょっと困りました(´・ω・`;;)
これで走ったら汗掻いちゃう~;; 帰りが寒いな~なんて言いつつ。
案の定、とても体が温まりました。程よい感じに。

たっぷりと良い運動になった外乗に付き合ってくれたのは、
安心感・安定感抜群なベテラン馬でなく、、、
前回から、次こそはと決めていた若手のチャリくんです。





今まで乗ったことがなく、背丈も大きいので反動が大きくてうまく乗れないかも、、、
なんて風に勝手に思っていて、あまり良いイメージではなかったのですが、
乗ってみたら全く、そんなこともなく!
と~ってもお利口さんでした!
人間の指示に耳を傾けて、頑張って応えようとしてくれる姿勢が、とんでもなく健気…!
何てこと…! 一気にファンになってしまいました!

去年の雪上外乗の時に走った、お気に入りの駆歩コースを走らせてもらいました。
日が出て明るいし、時間も早いし、鹿は見掛けませんでしたけど。
雪も少なめですが、残ってます。雪で真っ白な所を駈け抜けます。

ただ、ところどころ整備が進んでいるようで、一面伐採されている部分が。
見晴らし抜群、下の方に町が見えました。
せっかくなので、と写真を撮っていただきました。
乗ってるところ撮ってもらうの、あまりないので嬉しいです☆





チャリくん、頑張って走ってくれたのに、肝心の私が所々バランスを崩し、
ぼんぼんお尻が跳ねてしまってごめんね、という感じです…。
でも帰りの駆歩は短い距離だったからか、ちょっと慣れたからか、とても良い感じに乗れました。
とても気持ち良かったです~(#^^#)

ちなみにランチはまた「ふわり家」さんに伺ったのですが、
写真を撮って無いことに気付いたのはすっかり食べ終えた後でした。。
きのこのパスタ、美味しかったです。
それと、前回の反省を活かし、お馬ちゃん用のお菓子を持っていきました。
人間たちが食事中、駐車場で待機ですものね(´・ω・`)

それで、食事を終えて帰る時になって気付いたのが、
チャリくん背が高いから、踏み台がないと乗れないんだった!
使えそうな段差を探し、手伝ってもらいながら無理やり乗っかりましたけれどもね…!
股関節、膝関節の柔軟性と、自分の重いお尻を持ち上げる筋力をつけたいものです…。

馬場に戻って鞍を外し、放牧場まで引馬させていただきました。
新参者の桃之助くんともご挨拶。人懐こい、優しい馬です。





思う存分、ナデナデさせていただき、クンクンにおいを嗅ぎ、
ストレス発散、癒しをいただいてきました( *´艸`)





ま、存分に充電したものも、一日であっという間に底を突くのですが……。
ゆるゆると、次に馬と触れ合える日までやり過ごしたいと思います…。





乗馬・馬術 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

拍手

PR

尻革とシリコンシート

またデニムキュロットが欲しいな~と思っており、色々と見ていたのですが、、、
ここ2,3年で革のものからシリコンシート? なるものが主流になりつつあるみたいで…。

私はずっと尻革のものを使用しています。
特別座りやすさや何やらを考えることがなかったのですが、
尻革と膝革と共布と、その例のシリコンシート? シリコングリップ? とやらの違いって、何だろうって思いました。
何か前にも、尻革と膝革どっちの方がいいのかな…とか言ってた気がしますが;;

ちなみに、ジョッパーズさんの「乗馬キュロットの選び方」によれば、

・尻革:ヒップからヒザの内側にかけて革を当てたもの
・膝革:ヒザの内側に革を当てたもの
・共布:ヒザの内側にキュロットと同じ生地を当てたもの

他にネットで調べたり、人に聞いてみたりしたそれぞれの特徴? ですが、

・尻革
騎座安定のサポートになる。
滑りにくく安定して座っていられるので、初心者にも適している。

実際履いている感想としては、
革部分はどうしても通気性が…とも思うけど、
あまり気にならないと言えば気にならないし。夏が暑いのは仕方ない…。
サイズがちゃんと合っているものなら、動きやすさに支障ない気がします。
もちろん革の硬さがあるので、それが苦手な人もいると思います。

布部分と革部分の色が異なるので、見た目がちょっと…という意見もあります。
う~ん、私自身はそれはあまり思ったことないなあ…。

鞍との摩擦に関しては、ただの布より軽減されると思います。
前、普通のジーンズで乗っていた時に、座りが悪くて痛い思いをした覚えがあります。
これは私の技量不足が大部分ですけれど、初心者にしたら、キュロットかそうでないかは大きい違いなのでしょう。
その時にキュロットのありがたみを実感しましたもの!

あと、何だかんだ、乗馬をやっているという気分になるのは確かです(^^ゞ
まあ尻革に限らず、キュロットを穿くというだけで、気分上がりますよね♪

・膝革
滑りにくさ自体は尻革の方が良いけれど、
膝の内側部分が革になっているので、脚の位置が前に滑らないようサポートになる。
特に障碍では、尻を浮かせて膝部分で鞍に接触する格好になるので良い。

・共布
皮部分がないので、滑り止めとしての機能は微妙なところ。
たぶん私のように初心者だと、滑って仕方ない気がします…。
尻革や膝革キュロットよりは安価。
革のゴワゴワ感などが苦手な人には良い。
尻革や膝革より、見た目がすっきりして良いのかも。

と、こんな感じなのですが、、、
例のシリコンシートというのは、革の部分をシリコンにしたものです。

何となくシリコンシートのキュロットを見てみると、
ふ~ん、シリコンゴムがボツボツついてる感じなのね。
中には一見、シリコンがついているのか分からないデザインもあり、あまり違和感がないです。

個人的にはシリコンでも革でもどちらでも同じじゃないかと思っていましたが、
ただ穿いたこともないのにあーだこーだ言うのも難ですし、何事も経験!
折角なので、WALDHAUSENのデニムキュロットを買ってみました!
フルグリップとのことで、尻~内腿、膝の内側にかけてシリコンゴムがポツポツとくっついています。なんか可愛い。

穿いてみると、ごわつきがなく、革よりも伸縮性に富んでいる印象。
革の厚みがないので、何より通気性、良い気がする! ぴったりフィットします。
まあ生地自体も薄いものだったので、購入したものはもうちょっと暖かくなったら穿こうと思ってます。。

あと、足の動かしやすさも違うようです。
革の硬さによる締め付け感は少ないです。
私がキュロットを穿いて確認することは、屈伸したり、開脚した時に楽かどうかなのですが、
革はどうしても革の硬さ、つっぱる感じがある気がします。
シリコンの方が、余裕でY字バランスできる…。

耐久性自体はどうなのか、それは気になるところです。
洗濯などにも強い、というのを見ますけれど、、、
シリコンは剥げてしまったり黒い点々がついたり、見た目が悪くなるなんて話も聞きますので。
う~ん、まだ耐久性については分かりませんが、一長一短というところでしょうか。

でも新しいキュロットを穿いて、レッスンに行くのが今から楽しみです~(*'ω'*)
ビジターレッスンでいいなあと思っている所があるので、時間を見て行きたいなあと思います。





乗馬・馬術 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

拍手

2018年、初乗り!

あけましておめでとうございます('ω')ノ
1月ももう半分ほど過ぎましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
12月初め以来乗っておらず、年末年始も馬と触れ合うことなく過ぎてしまったので、
今回はちょっぴり奮発しました!

時間のある時期にしか行けない約150分のロングコース!
しかもランチ付きです~♪♪

馬に乗って、美味しいもの食べて、また馬に乗れるなんて!
すご~い贅沢ですね!

もちろんパートナーは紳士馬のスピリッツ君!
前回は乗れなかったからね。



今年でハタチになるそうで、もうそんなお年に…?! とビックリです。
中間管理職的な立場から、若干の昇進…?(笑)

馬たちはみんな冬毛もこもこでめちゃくちゃ可愛いのですが、、、
スピリッツ先輩、何だかお腹周りが肥えてませんか…?
寒いけどお天気良いし、せっかくなので一緒に運動しましょーね(*'ω'*)
待機馬場では鼻水垂らしているお馬もいたので、防寒、しっかりしていきます。



雪は積もっていませんが、山の寒さを甘くみてはいけませんね。
手袋も重ねて、ダウンやジャケットを重ねて、カイロも貼って…。
ホントは毛糸の帽子を被りたい気分ですが、ヘルメット装着!

まあ、結構着込んでも、一番辛いのは手足の爪先なんですけども(´・ω・`)
あと顔も冷えます。。怪しいけど、覆面が欲しいですね。
速歩駆歩をしている内は体も温まるのですが、常歩中が一番寒いです。

駆歩は、スピちゃんお得意の高速速歩に何度か落ちてしまい、ちょっぴり不完全燃焼。
駆歩発進もビシッと行かなかったなあと思いますが力まずリラックスして、
乗っていられたので、その点は良かったかなあ。何より気持ち良かったし!
次、リベンジですね☆



そんなこんなで山の中を走り抜け、到着したお店が「ふわり家」さんです。
広いお店で、と~っても雰囲気が良いお店でした。

菱野温泉、常盤館の近くです。登山電車で展望風呂に向かう、有名な所ですね。
日帰り温泉で温まるのも良いですよね~! なんてお話をしつつ。





美味しい食事に温まり、甘いデザートに癒されます。
居心地が良すぎて、もうちょっとのんびり過ごしたい気分でしたが、
そうそうのんびりもしていられませんね。外では馬たち、待ってます!

途中、草のある山中でおやつ休憩がありましたが、
思えば人間たちが食事中、馬たちは外でぼーっと待っているしかない…。
馬用のおやつを持ってきてあげれば良かったな、と反省(´・ω・`)
速歩をしながら、真っ直ぐ馬場へ戻ります。

余計な話ですが、、、
踏み台が無くてもスピ先輩には乗れるようになりました!
背の低いハクちゃんは余裕なのですが、何とか、スピちゃんも大丈夫になりました。
これで、万一落っこちてもすぐに乗ることができる!

背の高い他の馬は、挑戦したことがないから分からないけれど……。
桃ちゃんやアセイ君も大丈夫な気がする…。
チャリ君やロッキー君は背が高いから絶対よじ登れなさそうです…。



スピ先輩、お疲れ様でした。馬場に戻ったら、ごくごくお水を飲んでました。
そりゃ、喉も渇くよね、ありがとうね、とナデナデ。
これで少し休憩したら、次のお客様の外乗ですものね。

初ランチ付きコース、とても楽しかったです!
ちょっぴりお高いですが、、、癖になりそうです。
東京での息詰まるような毎日を頑張って、自分へのご褒美にまた行きたい~…(笑)

あ、新しい馬が二頭入ったようなので、今度乗ってみたいなあなんて思います。
でも次はまだ一度も乗ったことのないチャリ君に乗ろうと思ってまーす(・∀・*)

今年も一年、無理なく、怪我なく、楽しく乗馬ができれば良いなと思ってます。
乗せてくれる馬たちに、乗馬施設のスタッフさんたちに、感謝を忘れずに。

また外乗行くぞ~! またどこかでビジターレッスン、受けに行くぞ~!





乗馬・馬術 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

拍手

乗馬と体重制限…

2017年もあと何日か…といった状態になりましたね。
今年の後半はかなりバタバタしていて、あんまり印象的なことが思い浮かびません。
とにかく、もう年末か! とびっくりします。見返してみたら、一応、一ヶ月に一回程度は外乗に行っているようだったけども。

全体的には、今年はあまりレッスンを受けられなかったな~、というのが一番。
駆歩に限らず、基本的な姿勢がまだまだなので、やっぱり定期的にレッスンが受けられれば良いよなあと思います。色々な方の乗馬ブログを拝見していると、毎週のように毎日のようにクラブに通ってレッスンを頑張っている方がいらっしゃって、陰ながら応援しているのですが、ちょっぴり羨ましいななんて思う時もあって。
「無理せずに乗馬を続ける」を第一にしていますが、やっぱり集中的にガーッと連続でレッスンを受けたい。。。
私生活が落ち着いて余裕ができたら、ライセンス取得を目標にしてレッスンを受けられれば良いなと思ってます。いつになるかしらん…。
それまでは適度に、時間のある時に楽しむ程度にしておきます。
ただ、馬に会うだけでも元気がもらえますものね!

今年の振り返りと、来年はもうちょっとだけ外乗の機会を増やしたいなあなんて思ったところで、、、突然なのですが、乗馬って体重制限はあるのでしょうか??

実はここ数カ月で、じわじわじわと体重増加に拍車がかかってます。。
ウォーキングを増やしたり、必ず階段を使うようにしたり、
今までの運動量を維持してはいるのですが、、、どうして増え続けるの?!
食べ過ぎかしらん……そういえばご飯の量と間食が結構増えたかも!
このままじゃ、馬に乗れなくなっちゃうじゃない?!

ホントのところ、笑えないくらいショックを受けてます。←
気にし過ぎ、ストレスだよ、なんて風に言われるのですが、、、さすがにこれ以上増えたら、乗られた馬が気の毒になってしまいますし、体が重いのって動きにくいし疲れやすいし嫌ですよね。

調べてみると、体重制限を設けている所と設けていない所があります。
馬への負担を考えると、ある程度の制限は必要ではないかと私も思うのですが、
その目安はどの位なのでしょうか?

「男性90キロ、女性70キロまで」というように男女別に明確な所もあれば、
「80キロ以下を目安に…」「90キロまで」「85キロまで」などなど様々ですが、
おおよそ80~90キロまでが目安なのかなあ。
「100キロ以内なら」という所もありました。
あとは「制限なし」の所。

ちなみにブリティッシュ、ウエスタンどちらの乗馬クラブ、外乗施設など限定せず、単純に体重制限の有無のみ検索してみました。
ブリティッシュとウエスタンではまた違うのかなと思ったのですが、目的や乗り方が違うだけで、馬への負担に関しては同じですものね。
あとは、馬の品種によっても、違うかもしれませんね。
確か、まだ骨格や筋も乗用馬として完成されてない若い調教中の馬は、50~60キロ程度に限定する所もありました。

初めて行く所では、スタッフさんに聞いてみても良いかもしれない、と思います。

はあ、まず5キロは落としたいなあ、という希望……。
日頃の食事内容と、間食内容を反省します。。





乗馬・馬術 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

拍手

この時期の外乗は…☆

12月2日(土)
9:00~二時間、光/前/牧/場さんで外乗に行って参りました。

本日7日が大雪、11月22日から大雪までを小雪といい、
「わずかながら雪が降り始めるころ」な季節ということで。
確かに、朝晩の冷えが厳しくなったし、日中も気温が上がらない気が…。
朔風払葉=「北風が木の葉を払い除ける」まさにそんな感じがしますね。。

この日も、太陽が出てお天気ではあったのですが、空気が冷たい~!
ちょっぴり私、なめてました…東松山、やっぱり東京よりも寒いわね…!
ダウンベストと極暖ヒートテックなど重ねて着て、パーカーを羽織れば、
日中だし大丈夫でしょうと思っていたのですが…(´・ω・`)

日向はまあ良しとしても、日陰がと~っても寒く感じます。
それに、牧場の方に戻ってくると、ガラッと空気が引き締まって気温が下がったような感じ。
木々が多く、日が当たる場所が限られているからでしょうか、それとも山の上の方だから…?
荷物になるからって面倒臭がらずに、ちゃんとジャンバー持っていけばよかった(;;ノωノ)

そんなこんなで若干後悔しましたが、馬に乗れればそんなこたあ関係ないのです!
翌日の3日に、公認のエンデュランス大会が開催されるということで、
出場する常連さん方と、そのコースを一緒に回ることに。

パートナーは最初に乗せてもらった馬でした。
私は勝手に「若」とお呼びしているのですが、前の馬のお尻に顔を乗せて走る馬です…♪♪
装蹄師さんも来ていて、順番に調整しているし、何だかわちゃわちゃと賑わっていて、
本当は違う馬を振り分けたかったそうなのですが、ちょうど、その馬は装蹄の最中だったようです。

エンデュランス競技、話を聞くととても興味深いです。
馬術って、奥が深いですね。⇒馬術競技





乗馬・馬術 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

拍手